埼玉のデリヘルでは当たり前?強制連射

先日会社の先輩が埼玉のデリヘル店で遊んだらしいのですがそこのサービスが良かったから是非行ってみろと言われてしまいました。
その先輩はあらゆるデリヘル店に行っているためその人が相当いいというのはよっぽどのことだと思い行ってみることにしました。
埼玉と言っても東京からかなり近い所でした。
先輩に言われた店は人気店らしく遊ぼうとしていたデリヘル嬢は指名でいっぱいでした。
それでも第二候補のデリヘル嬢が捕まりそのこと遊ぶことに。
現れたのは写真より可愛い女の子でした。
まずこの時点で今まで見たことがありません。
普通写真は可愛いけど実物は全然というパターンですよね。
特にデリヘルはその差が激しくいつもよりがっかりさせられるのにここでは逆の意味で期待を裏切られました。
驚かされたのはそれだけではありません。
お金を払う前にいきなりいちゃいちゃタイムが発生したのです、普通お金を払ってからプレイ開始でそれが形式的すぎていきなりは盛り上がらないのですが、挨拶代わりのいちゃいちゃに大満足です。
しかも惜しげも無くいかせようとする姿勢が見られ開始早々いかされました。
そしてなんと息つく暇無く連続攻撃で強制連射が当たり前であるかのような攻めに脱帽です、埼玉のデリヘル店のレベル高すぎではまりそうです。

西川口デッドボールの噂 マニアックな夜もたまには…

風俗ではハズレを引くのも、時にはご愛嬌というものです。そういう失敗経験を積み重ねるからこそ、「安いお店で遊んではいけない」と学び、デリヘル選びの目も肥えてきます。

 

とはいえ、ババを掴まされてしまったときのショックや、お金を無駄遣いしてしまったという悔しさは、半端なものではありません。こちらでは可愛い風俗嬢を指名したつもりなのだから、落胆は大きいでしょう。しかし、中にはお店のコンセプトとして「地雷」を売りにしているマニアックなお店もあります。それが、西川口デッドボールという店です。

 

<風俗卒業に、罰ゲームに「デッドボール」>
埼玉の西川口デッドボールに在籍している嬢たちは、基本的に「地雷」ばかり。それも「見えている地雷」です。ありえないような年増(というより普通かそれ以下のおばさん)、デブス、刺青まみれ、栄養失調かと見まがうほどのガリガリ娘など。それをお店では「風俗卒業のために」「罰ゲームに」という名目で売りしているのだから、したたかな商売です。

 

あるいは、よほどマニアックな嗜好をお持ちの方には、案外デッドボールがハマってしまうのかもしれません。「可愛いけれど全身傷だらけ」みたいな嬢はいかがでしょうか…?